女優の真木よう子さん(35)が、来年公開予定の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」への出演を、体調不良を理由に撮影直前に降板していたことが分かりました。

最近、Twitter炎上騒動育児放棄疑惑報道など良くない噂が後を絶たない真木よう子さんですが、かなり精神的に病んでいるという情報もあります。

大丈夫なのでしょうか…。

Sponsored Link

真木よう子が降板した映画とは?

今回、真木よう子さんが、突如降板した映画は、韓国で2011年に観客動員数740万人をも動員したヒット作を日本流にリメイクした作品SUNNY 強い気持ち・強い愛」というタイトル。

主演は篠原涼子さんでその他に広瀬すずさんともさかりえさんなどが豪華キャストが出演するようです。

さらに監督は、映画「モテキ」や「バクマン」などを手掛けた大根仁さん。

物語の内容は、以下のようです。

今回の映画は2011年に韓国で公開され、大ヒットとなった「サニー 永遠の仲間たち」を日本版にリメークしたもの。

女子高校生の仲良しグループ「サニー」のメンバーだった芹香(真木)が末期がんに冒され、「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」と願い、親友の奈美(篠原)が願いを叶えるため、動き出すことから始まる物語。

篠原さん演じるアラフォーの主人公が、90年代の青春時代を取り戻す物語で真木よう子さんは篠原さんの親友というかなり重要な役どころだったようですね…。

この映画の撮影は、10月下旬頃から始まっていたようですが、真木よう子さんは、1度も撮影現場に出向くことなく降板となったようです。

真木よう子さんは、責任感がとても強い方だったようなので一度引き受けた仕事を降板するというのは相当な理由ですよね。

体と精神が心配されています。

 

真木よう子の代役は誰に?

突然の降板に映画関係者や撮影現場スタッフはドタバタだといいます。

まぁ、映画の撮影は始まっているようなので当然ですよね(^_^;)

今は、真木よう子さんが出演しないシーンを撮っていると思われますが、重要な役なので早急に代役が必要だと思います。

そこで気になる代役は、板谷由夏さん(42)に決定されたと正式に公表がありました。

年齢も近い板谷由夏さんなら経験豊富で演技力もありますし、一安心でしょうか(^_^;)

この騒動を受け、映画の注目度は間違いなく高くなりましたね。

Sponsored Link

真木よう子は重度の精神病?

以前からネット上で噂されていますが、真木よう子さんは重度の精神病なのではないかという噂。

もちろん、本人や事務所が公表したわけではないので憶測でしかないのですが(^_^;)

Twitterを開設した頃からおかしいといわれていて、今回の映画降板が決定打になったのでしょうか…。

元々、メンタルが強い方ではなかったようなのでSNSには手を出さない方が良かったですね(*_*)

今後、復帰はいつになるのかわかりませんが、再び元気いっぱいな真木よう子さんに会える日が早く来るといいですね。

⇒真木よう子最近の奇行まとめ!コミケ騒動とは?育児放棄で娘とは別居状態?

Sponsored Link